お肌に合った洗顔温度 | 水の入っていない化粧水、水素水によるスキンケア「すいそいんぐ」

  • HOME
  • お肌に合った洗顔温度
  •  

美肌を保つためには、お肌の質に合った洗顔方法と洗顔時のお湯の温度は非常に大切です。ご自分の肌質を確認し、その肌質にあった洗顔方法と洗顔温度を理解して洗顔しましょう!
そしてもちろん、洗顔あとはお肌の細胞と同じ弱アルカリ性の水素水スキンケアスプレーをたっぷりミストしてますます美しくてしっとりした美肌を手にいれましょう。

入浴時の洗顔方法 美肌の為のスキンケア

スキンケアの基本 美肌へ導く洗顔

美肌へ導く洗顔

Lesson1:洗顔は泡で洗う

最初に顔を濡らし洗顔料を泡立てる。洗顔料は、肌へ油分を残さない石鹸がオススメ。ただし、指で肌をゴシゴシ洗うのではなく、泡で洗うことが基本。肌の間にクッションができるくらい泡をたててください。ネットを使って泡立てるといいでしょう。

Lesson2:Tゾーンから洗顔

頬から洗い始める人が多いようですが、皮脂が多く、皮膚の強いTゾーン(額と鼻)から洗うのが原則。その後、Uゾーン(頬からアゴ)へ泡を広げ、最後に目元、口元を泡でなでるように優しく洗う。この順番はクレンジングも共通なので習慣付けましょう。

Lesson3:肌を強くこすらない

顔を卵だと思って割れない程度の力で洗顔するのが理想。指で頬骨の上の肌を強くこすって洗顔するクセのある人がいますが、摩擦が起きて赤ら顔やシミの原因になります。
皮脂をしっかり落とすように泡で優しく洗い上げましょう。『肌をこすらない』が全ての基本です。

Lesson4:手早く泡を流す

冷水を使うと皮脂が固まってしまうため、ぬるま湯ですすぐのがベスト。といっても30℃を超えると、お肌の大切な保湿成分まで流れてしまうので注意が必要です。
すすぎは手早く終わらせないと肌が痛むため、たっぷりのぬるま湯を両手ですくって顔にバシャっとかけて手早く流すこと。
泡が残るとニキビの原因になるので注意する。これを2回繰り返すのがW洗顔です。


1:普通肌

普通肌

お湯の温度26℃

潤いのある安定した肌。皮膚を保護する皮脂が少ないので、外部刺激にデリケートな一面も

メイク落としのためのクレンジングをします。クレンジング剤は使う時間が長いほど肌を痛めるので使用する目安は40秒。
皮膚の強い額からはじめ、頬、目元、口元になじませたらさっとすすぎましょう。
クレンジングの段階でメイクを6割落とし、残りは洗顔で落とします。26~28℃のぬるま湯で顔を濡らしておいて、指の腹でクレンジング剤を温めてから使うと肌のセラミドを奪いません。クレンジングの後の洗顔はW洗顔します。


2:乾燥肌

乾燥肌

お湯の温度24℃

キメ細かい肌だが水分が少ないため肌がカサついて荒れ、くすんだり老化を起こしやすい

洗顔時のお湯の温度も少し低めに24~26℃位がおすすめです。
熱いお湯での洗顔や、ゴシゴシと強く顔を洗ってしまう、洗顔のしすぎは角質層を傷つけたり、肌の油分を奪いすぎたりするので要注意!洗顔後、急いでスキンケアスプレーで保湿したのち弱酸性の化粧水や乳液で毛穴を閉じてその水分を逃がさないようにする週間をつけましょう。
乾燥肌の人はW洗顔せず、1度の洗顔で充分です。


3:脂性肌

脂性肌

お湯の温度28℃

水分が多く肌に潤いがあるが、皮脂量も多いためベタつきやすくニキビができやすい

常に肌表面がベタベタとした状態になっていることが多い脂性肌の人はメイクもその皮脂の影響から崩れやすくなりがちです。
自称脂性肌の人は毎日何度もメイク直しをしたり、あぶらとり紙を手放せないなんていう人も多いです。そんな脂性肌の人には毎日のしっかり洗顔が必須です。しっかりと汚れや皮脂を洗い流したい脂性肌は少々高めの温度で顔を洗うのがポイント。洗顔時のお湯の温度は乾燥肌や敏感肌よりも高めの28~30度位が目安になります。肌の脂分と水分のバランスを整えるためにも、脂性肌の人は帰宅後にはすぐメイクオフがオススメ。外気での汚れ、メイク、皮脂、角質等をしっかりと洗い流してしまいましょう、一番のオススメは、多めのクレンジング量でしっかりとクレンジングをした後でのW洗顔が大事です。
メイクをしっかり落とした後で、肌の皮脂や汚れなども洗い流すことで肌の清潔な状態をキープしましょう。ぬるま湯の温度でしっかりとすすいでから、最後は冷水パッティングしてください。脂性の人は美容液などのケアをしない人が多いですがこれは逆で、美容液などの保湿ケアを怠ると肌の中の水分が低下するため、反対に皮脂が増え、テカリの原因になります。
そういう人こそスキンケアスプレーで保湿することが必要です。


4:敏感肌

敏感肌

お湯の温度22℃

紫外線などの外部刺激から肌を守る角質のバリアが低下し、乾燥やかぶれを起こしやすい

敏感肌とは、季節の変わり目や花粉の季節、ハウスダスト、煙草の煙といったあらゆる外敵に対して過剰に反応してしまうお肌のこと。
さらに化粧品などにも赤みや発疹などの反応が出やすく、本人としては常に肌の状態が悪くなる恐れと同居しているお肌です。
肌に刺激の少ない泡タイプの洗顔石鹸を使用して22~24℃位のぬるま湯で丁寧に洗顔しましょう。敏感肌の人は洗いすぎると肌の抵抗力が弱まる可能性もあるのでW洗顔はしません。
とにかく敏感肌には余計な刺激を与えないことが大事なので、低めの温度のぬるま湯で優しく洗顔し、防腐剤の一切入っていないスキンケアスプレーをたっぷりミストしたあと低刺激の化粧水などでスキンケアすることが一番安心な方法です。


入浴時の洗顔方法 美肌の為のスキンケア
  • suisoing
  • Staff Blog
  • 活性酸素について
WaterClub横濱
〒224-0037神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南4-14-1-1102
0120-57-5532
お問い合わせ